公益財団法人茨城県企業公社

    (公財)茨城県企業公社のホームページへようこそ

公社設立の背景等

設立の背景

平成元(1989)年、茨城県は地下水に恵まれていたこともあり、水道普及率が都道府県の中で最下位でした。当時、茨城県は安全で安心な水道の普及率向上をめざし、水道施設整備事業を推進しており、茨城県企業局においては既に管理していた4浄水場に続き、新たに7浄水場の開設が予定されていました。

新たな浄水場を開設することに伴い、約200名の運転管理要員の確保が課題となりましたが、県の行政改革指針により、県職員の大幅増員は困難な状況でした。

このため茨城県企業局は、公益法人へ浄水場の運転管理業務の一部を業務委託することとし、平成2(1990)年6月、財団法人茨城県企業公社(平成24年度からは公益財団法人へ移行)が設立されました。

企業公社の目的

県行政及び公営企業の円滑な推進を支援するため、安全・安心な水の安定供給に資する浄水場等の運転管理及び水道の普及啓発を行うなど、水道用水供給事業及び工業用水道事業に係る業務を担い、もって県土の均衡ある発展と県民福祉の向上に寄与することです。

団体概要

団体名称 公益財団法人茨城県企業公社
設立年月日 平成2年6月29日
TEL 029-301-1133
所在地 水戸市笠原町978-25(茨城県開発公社ビル5階)
資本状況 基本財産 40,000千円(うち県出捐額30,000千円)
従業員規模 241名(常勤役員1名・経験職員18名・一般職員53名・嘱託職員169名)