公益財団法人茨城県企業公社

    (公財)茨城県企業公社のホームページへようこそ

技術力の向上

技術向上推進会議の運営

技術向上推進会議は、技術研修の企画運営、技術資料の整備、資格取得の推進を主な活動の柱として、水道施設の運転・維持管理の基盤となる技術の向上に努めています。

全体会議
全体会議

受験対策講習
受験対策講習

技術研修会
技術研修会

各種マニュアルの整備

水道施設の機能を充分に発揮させるため、運転管理要領書、危機対応マニュアルを整備し、常に安全で安心できる水道水を安定供給できるよう努めています。

各種資格の取得

水道施設を運転・維持管理するためには、多種多様な知識が求められます。そのために必要な資格取得に積極的に取り組み、技術の向上を目指しています。

技術に係る有資格者数(平成27年3月31日時点)

技術士(上下水道部門) 1人
水道施設管理技士(浄水1級) 1人
水道施設管理技士(浄水2級) 35人
水道施設管理技士(浄水3級) 95人
エネルギー管理士 2人
エネルギー管理員 36人
電気主任技術者(2種) 3人
電気主任技術者(3種) 19人
第一種電気工事士 31人
第二種電気工事士 38人
廃棄物中間処理施設技術管理士 23人
危険物取扱者(乙種4類) 109人
酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者 83人
玉掛技能講習 79人
クレーン運転(移動・天井5t未満含む) 72人
特定化学物質等作業主任者 63人
特定高圧ガス取扱主任技術者(液化塩素) 17人
第3級陸上特殊無線技士 52人
公害防止管理者(水質1種) 4人
有機溶剤作業主任者 21人

※嘱託職員を含めた職員全員中